상단여백
HOME Fresh Food Agriproduct
やわらかく、香りのよい韓国・河東のニラ、日本市場で大人気ウィーファーマー、日本輸出を契機として、世界市場攻略にも拍車がかかる

体を温めて保護するなど、精気の補強に効果が優れた親環境栽培の河東のニラが日本市場で注目を集めている。農業会社法人のウィーファーマー(株)は、昨年末、日本の大阪にあるラーメン店の付け合わせ用として、河東ニラを初めて輸出したが、これに続いて最近では追加の輸出を進めるなど、日本市場でまずまずの評価を受けている。

優れた品質の河東ニラを海外へ初輸出
農業会社法人ウィーファーマー(Wefarmer)は、河東地域の27人のニラ栽培農家が、高品質の河東ニラを海外へ輸出するために、2016年に設立したものだ。河東ニラの共同ブランドの「タンセミ」ので出荷されるニラは、ソウルの可楽洞に位置する国内最大の農水産物市場で上位1~2%に位置する高品質なものだ。

チャン・ホボン、ウィーファーマー(株)理事は、「河東ニラが日本市場での反応が良いのは、水や空気がクリーンな智異山の麓で栽培されるという、気候の影響が大きい。」とし、「また、徹底した土壌検査を通して、ニラ栽培に適した最適の土壌を維持し、微生物を投入するなどして、親環境のオーダーメイド型農法が定着するとともに、生産されるニラが香りもよく、やわらかい。」と河東ニラの強みを説明した。

このように生産された河東ニラは、味と品質に優れており、他地域で生産されるニラより、20%以上高い価格を付けられるほど、高品質の商品としての認知度が高い。

日本市場へ輸出されるとともに、韓国産の高品質のニラとしてのイメージを構築
ウィーファーマー(株)は、昨年の12月に、河東ニラ6トンを大阪の3大ラーメン店の1つであるKAMUKURAにラーメンの付け合わせ用として輸出した。韓国産のニラを初めて食べた日本の消費者の反応は良好で、最近では追加での輸出を進めるとともに、今年は40トンほどの輸出が可能なものと予想している。河東ニラは、残留農薬検査など厳格な日本の輸入検査基準を通過するほど、安全性と品質に優れ、味も従来使用していた日本産のラーメンの付け合わせより、優れているという評価を受けている。

チャン・ホボン理事は、「日本の消費者に好評であることは、日本の輸入検査の基準値の1/20に過ぎない農薬の安全性を確保しており、価格も日本産の製品に比べて、大幅に低く、味と食感が優れているためだ。」と明かした。

これにより、河東ニラが日本市場でラーメンの付け合わせ用に輸出されることはもちろん、様々なメニューの原材料としても使用されるものと予測されるなど、需要が大きく増加するものと予想される。

河東ニラ、健康食品としても高い認知度
日本市場で人気のある河東ニラは、大人の体力増強効果が高く、特に肝機能を強化するのに効能が高く、「肝臓のための野菜」という別名もある。また、胃を健康にし、腸の掃除するのを手助けするという効能も知られている。このほかに、ニラエキスは昔からやけどの治療に用いられ、解毒作用、糖尿、痔の治療などにも効能があるものとして知られている。

このように、河東ニラが健康食品という側面から利点があるものとして知られるにつれ、国内だけでなく、海外のバイヤーにも河東ニラの輸入を積極的に打診するなど、輸出市場で河東ニラの人気が上昇している。これにより、ウィーファーマー(株)は、長期的に日本市場だけでなく、中国と東南アジア市場に対する輸出も積極的に模索するなど、世界市場をターゲットにした進出を加速している。

チャン・ホボン理事は、「今年、河東地域の気象条件がよく、ニラの生産量が大幅に増えるものと予想される。」とし、「今回の日本への初輸出を契機として、今後、日本輸出量は随時増加していくものと予想され、安定的な輸出価格が維持されれば、河東地域の輸出ニラ栽培農家の所得も増えるなど、様々な効果が期待できる。」と説明した。また、チャン理事長は「海外市場へ河東ニラの強みを積極的にアピールするために、海外のバイヤーとの商談を増やし、様々な海外の大口需要先を開発するなど、輸出量の拡大に注力していきたい。」という計画を明かした。

Wefarmer
·Tel : +82-55-883-5990
·Fax : +82-55-883-5991
·E-mail : gamkooc@hanmail.net
www.wefarmer.com

Lee Young Ju  leejy@agrinet.co.kr

<저작권자 © AgraFood, 무단 전재 및 재배포 금지>

Lee Young Ju의 다른기사 보기
icon인기기사
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
여백
여백
여백
Back to Top