상단여백
HOME Fresh Food Agriproduct
Red·Gold·Green、三色の魅力を持ったキウイクリーンな済州でおいしいキウイを生産するハルラゴールド営農法人

キウイの食物繊維の含有量は、リンゴの3倍に達するほど豊富だ。また、GI指数も低く、脂肪を容易に消費することはもちろん、脂肪の蓄積が少ないなど、ダイエットにも効果的だ。こうしたことが、キウイがダイエット食品として有名な理由だ。この他に、ビタミンC・E、カリウム、カルシウム、リンなどビタミンとミネラルも豊富だ。このように、様々な効能を備えたキウイの主産地として、多くの人々はニュージーランドを挙げるが、クリーンな自然環境を備えている済州道もキウイの主産地として浮上している。済州道もキウイ生産量は国内生産量の半分を占めるほど、キウイ生産が活発に行われている。ミカンの主産地として有名な済州道でキウイが成功を収めている秘訣としては、ハルラゴールド営農法人がある。

しっかりとした生産基盤を備え、高品質のキウイを生産

ハルラゴールド営農法人は、2008年に済州地域の9戸の農家が集まって設立された。ハルラゴールド営農法人を通して、共同選別と共同出荷を通した販売が行われるとともに、農家が集まり始めた。現在、会員農家は220戸だ。ハルラゴールド営農法人のコ・ボンジュ代表理事は、「営農法人の発足とともに、農村振興庁で開発された国産の新品種を独占的に使用することになり、生産の安定化が図られた。」と述べた。実際に、農村振興庁とハルラゴールド営農法人は、2010年にハルラゴールドキウイ、2014年にスウィートゴールドの両品種に対する専用使用権を締結し、生産・販売権を確保した。

このように、しっかりとした生産基盤を備えたハルラゴールド営農法人は、ニュージーランドの産地を訪問するなどの、先進地域に関する教育、定期的な農家教育、農家間の技術情報交流、全農家の技術の平準化事業などを通して、 高品質のキウイを生産するための基盤を整備した。また、2014年には国立農産物品質管理院でトレーサビリティシステムの登録を完了し、収穫前の農薬残留検査も実施している。生産されたキウイは、2012年に竣工した産地流通センターを通して、選別・包装などの作業が進められる。2013年には、花粉生産センターを竣工し、国産キウイの安定的な生産基盤を固めた。

コ・ボンジュ代表理事は、「キウイが選別や品質管理の基準に基づき生産されるよう、農家教育を実施している。」とし、「国内外の輸出国の残留農薬基準表などを作成し、これを農家へ配布して活用している。」と強調した。また、彼は「流通センターと花粉生産センターが、農家が安定的な生産に専念できるようにするうえでの、踏み台になった。」とし、「生産と流通過程で体系的なシステムを構築し、高品質のキウイを生産できるようにした。」と付け加えた。

ハルラゴールド営農法人のキウイは、すでに国内で高品質の果物として認められている。2010年には優秀品種賞、優秀農産物展示会銅賞などを受賞したのに続き、2014年には国立農産物品質管理院から農産物優秀管理施設として指定を受けた。同年には、済州大学校から農産物優秀管理認証を受けた。

海外市場別の嗜好に応じたオーダーメイド型のマーケティング戦略
高品質のキウイを十分に生産できる基盤を備えたハルラゴールド営農法人は、海外市場にまで目を向けている。2015年10月のシンガポール輸出を契機として、香港、マレーシア、日本などにもキウイを輸出している。

特に、東南アジアの国々は、糖度が高く酸味が少ないものを好む点に着目し、ハルラゴールド営農法人が生産するキウイのうちのゴールドキウイとレッドキウイを主に輸出している。甘酸っぱい味を好む日本は、グリーンキウイの中心に輸出を進めている。

コ・ボンジュ代表は、「レッドキウイの場合、糖度が18度と甘さが非常に強い。」とし、「東南アジア市場では、ゼスプリよりもわれわれのキウイがより優位な位置にある。」と自信満々に述べた。

ハルラゴールド営農法人は、農村振興庁が開発した輸出戦略品種であるハルラスウィートを武器に、海外の輸出市場をさらに拡大する計画だ。コ代表は、「ハルラスウィートの場合、キウイ特有の辛味がなく、食感もよく、消費者が食べるのにうってつけ」とし、「昨年の輸出量は約235トンで、480トンまで輸出することが目標。」と説明した。また、彼は「現在、輸出している東南アジアの国々のほかに、インドなどにも輸出を進める計画。」とし、「品質のみ優れていれば、海外市場で十分に競争力があるとみている。ハルラゴールド営農法人が生産するキウイがニュージーランドを越えて、世界最高のキウイのブランドになるものと確信している。」と強調した。

Hallagold Farming Guild corporation
·Tel : +82-64-746-4841, +82-10-4695-4847(Ko Bong-ju, CEO)
·Fax : +82-64-755-4841
·E-mail : jejukiwi@naver.com
www.kiwirang.co.kr

Lee Hyun Woo  leehw@agrinet.co.kr

<저작권자 © AgraFood, 무단 전재 및 재배포 금지>

Lee Hyun Woo의 다른기사 보기
icon인기기사
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
여백
여백
여백
Back to Top