상단여백
HOME News Monthly K-Food
1月のK-Food、ミカンとハルラボン皮を手で簡単にむける異色のオレンジ

オレンジをはじめとした外観のミカンとハルラボンは、寒い冬が主な生産時期で、さわやかな香りと甘酸っぱさが特徴の果物だ。ミカンはオレンジとは違い、皮を手で簡単にむくことができ、毛細血管を丈夫にして保護するビタミンPも多く含まれている。ハルラボンはその形が済州島にある「漢拏山」と似ていることから名付けられた果物で、糖度は13~14 度で高い。果肉はやわらかく、果汁も多い。

 

そのため、韓国人は寒い冬になると、老若男女問わずミカンとハルラボンを食べる。ミカンとハルラボンのシーズンになると、様々なインターネットのコミュニティで、温かい部屋に座ってお盆いっぱいに盛られたミカンとハルラボンをむいて食べたら、手が黄色くなったという書き込みを簡単に見つけることができるのが、その証拠だ。

外国人にも人気が高い。カナダと台湾、香港、シンガポール、インドネシア、マレーシア、グアム、米国などへ輸出されている。

Kim Hyo Jin  hjkim@agrinet.co.kr

<저작권자 © AgraFood, 무단 전재 및 재배포 금지>

Kim Hyo Jin의 다른기사 보기
icon인기기사
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
여백
여백
여백
Back to Top