상단여백
HOME Theme
大韓民国の農食品輸出と流通をリードする韓国農水産食品流通公社(aT)1967-2017年、創立50年の歴史…大韓民国の食産業振興の主役

aTの創立から半世紀が過ぎた。時代の変化を読み、備えてきた大韓民国の農食品産業振興の最前線にあるaTは、50年間絶え間ない革新を進め、韓国を代表する公企業として成長してきた。<Korea Agrafood>が創立50周年を迎え、創立から羅州時代の開幕までのaTの歩みを振り返るとともに、今後のビジョンを紹介する。

□創立50周年、aTの歩み
aTは、「農水産食品の需給安定と流通の先進化、農家所得の増進」を目標として、1967年12月1日に「農漁村開発公社」として発足した。当時の社屋はソウル市の鐘路にあり、農食品産業を振興するために、原料の貯蔵、加工事業を主導的に推進する一方、農食品の消費拡大においても先頭に立ってきた。

これ以降、農水産食品の需給調節と価格安定機能までを専門的に担当し、1986年には農水産物流通公社として、拡大・改編された。また、1995年のWTO(世界貿易機関)発足により、市場開放が加速化すると、aTは大韓民国の輸出農業育成のための支援事業に焦点を合わせて、オランダとニューヨーク、シンガポールなど領域別に、主要国へ「韓国流通分配センター」を設立し、海外市場の開拓の活動を強化した。 

21世紀に向けた新しい跳躍は、ソウル良才洞のaTセンターの建設を通して結実することとなった。2002年10月15日に公式オープンしたaTセンターは、現代化された農業専門の展示・コンベンションセンターで、国際的なエキスポのための展示場と会議場、農食品輸出の拡大のための貿易情報センター、農食品輸出業者と団体が入った輸出商社館、輸出広報館などを備えたものだ。aTセンターの開館を契機として、aTは輸出商談会の開催と輸出商品のプロモーションなど、様々な輸出支援事業を推進し、韓国産食品の海外市場開拓に、さらなる拍車をかけた。

2012年1月、aTは現在の韓国農水産食品流通公社へ25年ぶりに社名を変更し、「国民に信頼されるグローバル農水産食品産業育成専門の公企業」という新たなビジョンを策定した。特に、aTは「農食品輸出100億ドル」という目標を掲げ、輸出戦略品目の育成と韓国の食文化のグローバル化、食品企業の海外進出を積極的に推進する一方、東京・ニューヨーク・パリ・アブダビなど全世界に14の支社を運営し、農食品輸出のネットワークを拡充した。

aTは、政府の公共機関の地方移転計画により、2014年10月7日に全羅南道の羅州革新都市へ拠点を構え、本格的な羅州時代が開幕した。ここでaTは、生産の現場と近い場所から農水産食品産業の競争力確保という本来の役割により忠実に対応するとともに、地域の人材の採用など、地域経済の発展にも乗り出している。

□aT、今後のビジョンを語る
aTは、1967年の創立以降、急変する国内外の環境へ積極的に対応し、今年、50周年を迎えた。50周年を迎えて、aTは今後の農水産業の100年の体系を進めていくためのビジョンを発表した。aTは「持続可能な韓国の農食品産業」を新たな価値体系として掲げるという豊富を明らかにした。

詳細をみると、韓国産農食品の海外需要拡大を通した輸出振興、韓国産農産物中心の需給安定システムの構築、農産物の流通効率性の向上、韓国産食材の使用を通した食品産業の育成だ。輸出の場合、市場の多様化や新規の有望商品の発掘・育成、国産原料主体の輸出支援、非関税障壁の解消やマーケティングを通して、輸出振興を図るという計画だ。

需給安定システムの構築のために、流通総合情報が盛り込まれたプラットフォームの構築、韓国産農産物を対象として、買取中心の需給調節などを実施する。また、産地の組織化や卸売市場改善、花卉産業の育成や流通に関わる人材の育成などを通して、流通の効率性を高め、韓国産食材の直取引の活性化と伝統食品育成や販路支援などで食品産業を育成する。

ペク・ジンソクaT食品輸出理事は、「農食品輸出は、国全体の輸出のなかでの割合は小さいが、国内市場指示、就業誘発効果などへ影響を及ぼす」とし、「今後、農食品に対する輸出支援を強化し、海外の需要を持続的に拡充したい。」と強調した。

Park Sung Eun  parkse@agrinet.co.kr

<저작권자 © AgraFood, 무단 전재 및 재배포 금지>

Park Sung Eun의 다른기사 보기
icon인기기사
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
여백
여백
여백
Back to Top