상단여백
HOME Culture Tour
韓国産の名品の農食品に出会える龍山を訪ねる

タイのマンゴー、台湾のパイナップルケーキ、日本の東京ばな奈、ベルギーのチョコレートの共通点は何か。まさにそれは、その場所を旅するときに必ず食べるのはもちろん、帰国時に買うべき食品という事実だ。韓国もキムチ、海苔、参鶏湯など必ず食べるべき食品が多い。けれども、これらの製品の購入を望んでも1ヶ所で購入できず、外国人観光客には多少不便なところがあった。そこで、韓国農水産食品流通公社(aT)は、最近、龍山の現代アイパークモール内に位置するHDC新羅免税店に「韓国農食品 販売・広報館」をオープンし、人々の視線を集めている。今回のKorea Agrafoodでは「韓国農食品 販売・広報館」をはじめとして、龍山の訪れるべき場所と名店を紹介する。

aT、HDC新羅免税店に韓国の農食品販売・広報館をオープン
韓国の農食品の販売・広報館には、韓国を訪れる外国の観光客が好む人気の輸出商品から、最近関心が高まっている乳幼児食品、政府が認証した6次産業の製品、輸出有望商品まで約1,000点の様々な農食品が展示・販売されている。実際に、健康食品として注目されているコメガの生えごま油と、キョドン食品の参鶏湯はもちろん、韓国人のソウルフードであるキムチを生産する輸出業者(ハンソン食品、テガンF&G)の製品にも出会える。また、中国・日本・米国などで人気が高い韓国産の海苔とおやつとしてもよい手製チョコパイ、カップトッポギ、ソーセージなども購入できる。

ここでは、今後、外国人を対象にしたキムチの漬け方、ジャン類を利用した料理や食文化体験クラスなどが定期的に開催される予定であるほど、韓国の伝統食品を知りたい外国の観光客に注目されると期待される。韓国の農食品の販売・広報館が位置する龍山駅は、KTXの始発地であり、地下鉄1号線・4号線と京義線が交差する交通の要衝であるので、観光客が訪問するのも容易だ。

ヨ・インホンaT社長は、「韓国の農食品の販売・広報館はaTが韓国の農食品の輸出広報のために免税店に初めて設立した広報館」であるとし、「今回の設立を契機として、今後、仁川空港の免税店、ソウル市内などにも広報館の設立を推進し、韓国の農食品をプロモーションして輸出する新たな経路として開設した。」と強調した。

#Tip/韓国の農食品の販売・広報館
・営業時間 9時~21時 ・代表電話:+82-1688-8800 ・位置:アイパークモール7階
・アクセス:地下鉄を利用する場合は龍山駅2番出口を出ると、HDC新羅免税店があります。空港バスを利用する場合は仁川空港から6030番に乗車後、龍山駅で下車して下さい。そして、龍山駅のアイパークモールの広場の中央のエスカレーターに乗り、上がっていくとHDC新羅免税店が見えます。

○龍山の名所

-博物館:真に迫った韓国の歴史をみることができる国立中央博物館は、国内最大規模の博物館だ。約13万5,000点の遺物を18ヶ所の展示室で常設展示するのはもちろん、子ども博物館、野外庭園など様々な展示スペースを備えている。国立ハングル博物館は、ハングルの歴史と創製原理などが紹介されているスペースだ。外国人を対象として、ハングルを簡単に学ぶことができるプログラムも開催されている。2つの博物館は全て4号線の二村駅の2番出口を出ると行くことができる。
 


-南山とソウルNタワー:ソウルのシンボルである南山の頂上に位置するNタワーは、ソウルの美しい 夜景を見るのに最適な場所に数えられている。この場所はLEDの証明と様々なメディアのアートも見ることができる複合文化芸術空間だ。ここは、3号線の東大入口駅(6番出口)または6号線の梨泰院駅(4番出口)で南山循環バス(3番)に乗れば行くことができる。南山周辺は王トンカツで有名な飲食店が多い。ソウルNタワーを訪れる前に、大きな王トンカツを食べに行くのをお勧めする。


 

-梨泰院と経理団通り:梨泰院は様々な世界の文化を感じることができ、あわせてその国々の食を楽しむことができる場所だ。韓国の代表的な料理が楽しめる飲食店が軒を並べている。そこで、外国人観光客がよく訪れる。今年の10月14日と15日には、梨泰院グローバルフェスティバルが開催される。6号線の梨泰院駅で降りるとよい。梨泰院付近に位置する経理団通りは、国軍財政管理団からハイアットホテル方向に続く道とその周辺の商店を総称する言葉だ。様々なものが調和し、個性的な飲食店とカフェ、様々な食文化が存在し、多くの訪問者の往来が続いている。

-龍門伝統市場:60年の伝統をもつ龍門伝統市場は、全体の店舗が150ヶ所に達する龍山区内の最大の在来市場だ。あちこちにホットク・豚足・ヘジャンククなどを販売する様々な飲食店が軒を並べていることはもちろん、各種の食料品と化粧品、生活用品など様々な商品を販売し、韓国人の生き生きとした生活を垣間見ることができる。龍門伝統市場は、6号線の孝昌公園前駅で降り、3番出口を出た後、10分ほど歩いていくと着く。

#Tip/龍山区観光案内所
・電話番号:+82-2-9785-0942、+82-2-749-9221 ・営業時間:午前9時~午後8時

Lee Hyun Woo  leehw@agrinet.co.kr

<저작권자 © AgraFood, 무단 전재 및 재배포 금지>

Lee Hyun Woo의 다른기사 보기
icon인기기사
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
여백
여백
여백
Back to Top