상단여백
HOME Culture K-Tour
歩いて触れるところが全て国宝級文化財、慶州千年の古都で必ず見て、食べて、買わなければならないもの

天恵の自然の景観と新羅のきらびやかな文化と歴史が息づく慶州は、四季を通して多くの観光客が訪れる観光名所だ。仏国寺など長い歴史を維持した文化の遺跡をはじめとして、春の花々、海水浴場など自然に合った風景でロマンティックな旅行を楽しむことができる。

最近では、「1泊2日」などで有名なナ・ヨンソクPDが新たに演出した「知っておいても使えない神秘の雑学辞典」の撮影地として紹介されるとともに、これらへの多くの関心が再び慶州に向かっている。

慶州の代表的な観光地と食を紹介する。

□ Must Go
-韓国仏教の代表寺院・仏国寺

仏国寺には国宝である多宝塔・釈迦塔・金銅阿弥陀如来座像など数多くの文化財があり、1995年12月に石窟庵ととともに、世界文化遺産として登録された。

住所:慶尚北道慶州市ジンヒョン洞15
電話番号:+82-054-746-9913
Website : www.bulguksa.or.kr



-すばらしい夜景をもつ雁鴨池

雁鴨池は、慶福宮の慶会楼の蓮池とともに、韓国を代表する宮廷の蓮池だ。昼に行っても、その景観は美しいが、夜景が特に美しく夜にここを訪れる人々が多い。

住所:慶尚北道慶州市インワン洞
電話番号:+82-54-772-4041



-東洋最古の天文台、瞻星台

7世紀中盤に建てられ、東洋で最古の天文台としての石の1つ1つから新羅人の優れた天体観測能力を確認することができる。

住所:慶尚北道慶州市インワン洞839-1



□ Must Eat
-星菜盤

慶州市が慶州を訪れた観光客のために開発した郷土料理として、慶州で生産された食材で作られた1人用の食事だ。メインメニューは、ユクブチョンユッケジャンとコンダルビビビンバ、コンダルビトッカルビなどがある。瞻星台の前にある校洞サムパプと星菜盤新慶州駅店など6ヶ所で味わうことができる。

Website : byulchaeban.gyeongju.go.kr


-瑤石宮

慶州の主要観光地の1つである慶州校洞崔氏の古宅は、現存する木材の蔵のなかで最大規模を誇る。そして、ここがまさに横にある飲食店の「瑤石宮」では、校洞崔氏の家で子孫が作る崔氏 家で伝わってきた班家飲食を味わうことができる。


住所:慶尚北道慶州市キョチョンアンギル19-4
電話:+82-54-772-3347
Website : www.yosokkoong.com

-城東市場

慶州で最大の在来市場。最大規模であることから、飲食店も多い。最も有名なのは、ゴボウキムパプと茹蛸。ゴボウキムパプは、やわらかくほのかな甘さとゴボウ特有の香りが特徴だ。

甘浦の海で捕獲された生きのいいタコを熱湯で茹でた慶州茹蛸はシコシコした食感とやわらかな食感が逸品だ。

住所:慶尚北道慶州市ウォンファロ281番キル11



□ Must Buy
-皇南パン


1939年の開業以来、薄い皮のなかにぎっしり詰まった韓国のあずき特有の味で、慶州を訪れる観光客の味覚を捉えている。

住所:慶尚北道慶州市テジョンノ783
電話:+82-54-749-7000
Website : www.hwangnam.co.kr



-チャルポリパン

チャルホリパンは、慶州で生産されるチャルポリ(麦)とオートミールを主原料として作ったパンだ。香ばしさとともに、やわらかなチャルポリパンのケーキがポイントだ。慶州全域で販売店を容易に見つけることができる。





-校洞法酒

新羅の秘酒として称される酒として、慶州崔氏の家で何代にもわたって醸造されている。伝統酒造方式で少量生産にこだわっているため、慶州を訪問すれば、必ず買わなければ特産物だ。

住所:慶尚北道慶州市キョチョンアンギル19-23
電話:+82-54-772-5994
Website : www.kyodongbeobju.com

Park Sung Eun  parkse@agrinet.co.kr

<저작권자 © AgraFood, 무단 전재 및 재배포 금지>

Park Sung Eun의 다른기사 보기
icon인기기사
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
여백
여백
여백
Back to Top