상단여백
HOME Theme
暑さを吹き飛ばせ、食欲を蘇らせる韓国の夏の補養食列伝

暑い夏は汗を多くかき、気力も落ちて体調を崩しやすい。そこで、多くの人々は夏になると、健康維持する補養食を食べる。中国人は佛跳牆、タイ人はトムヤムクン、スペイン人はガスパチョだ。

韓国人も気力を補うための補養食を摂取し、夏を過ごす。今号では、世界的に有名な韓国の夏の補養食である参鶏湯のほかに、おいしく栄養価の高い様々な韓国の補養食を紹介する。

1. 夏の補養食の定番、ユッケジャン
ユッケジャンは牛肉とネギ、もやし、ワラビなど各種の野菜を入れ、辛く味付けたスープだ。

暑い夏、熱くて辛いユッケジャンを食べる理由は何か。熱い食べ物を食べれば、体の隅々の血液循環が活性化され、血管が拡張される。これにより体内の熱が発散され、涼しさを感じるようになる。

ユッケジャンは、韓国人が好む補養食であるように、いつでもどこでも簡単に食べられるレトルト製品も様々発売されている。高温・高圧で滅菌処理したために検疫の問題もなく、輸出も活発に行われている。主要な輸出製品は、CJ第一製糖のビビコユッケジャン、MDS Koreaのユッケジャンなどがある。
 

2. 海の山蔘、アワビ
アワビは脂肪が少なく、カルシウムとミネラル、タンパク質が豊富で、海の山蔘と呼ばれ、世界の各地で気力回復の食材として取り扱われている。

韓国は三面を海に囲まれている半島で、アワビが生産されている。韓国産のアワビは日本と香港、東南アジアでその名声が拡大している。きれいな海で漁獲され、安全で食感もよいためだ。そのおかげで、輸出された韓国産のアワビは、主に海外の有名ホテルやレストランで食材として使用されるほか、高級百貨店で贈答用として販売されている。

韓国人は、様々な方法でアワビを食べる。生食、バターと醤油を活用してアワビステーキとしても食べる。そのうち、アワビを醤油で煮込んだアワビの煮込みは昔から高級食品として名高く、アワビ粥はコリコリした食感と淡白な味が逸品だ。

アワビを輸出する主要業者としては、チョンサンパダチャムアワビ営漁組合法人、ヨンジン水産、莞島アラフードなどがある。

3. ベリタリアンから脚光を浴びるコンククス
コンククスは水に戻した大豆を細かくすりつぶして濾して冷やした大豆のスープをゆでた麺にかけて、キュウリを添えて食べる料理だ。大豆をそのまますりつぶして作ったことから、大豆の成分を全て摂取できる。夏の味覚であるとともに補養食として人気が高い。

外国人の間でも体によい韓国の夏の味覚として認知度を高めている。韓国で活動中のガーナ出身のタレントのサム・オキアは、料理番組に出演して「コンククスを初めて見たときは、大豆の青臭さがあり、奇妙だった。」と述べ、「でも、食べてみると本当に香ばしくさわやかだった。」と賞賛した。続いて、彼は「私の外国人の友人たちはコンククスを韓国代表の夏の補養食に挙げている。」と付け加えた。ベジタリアンの間でも、好評を博している。

最近では、コンククスを簡単に食べられる製品が開発され、脚光を浴びている。オトゥギが開発した「コンククスラーメン」がまさにその製品だ。ラーメンのように5分だけで美味しいコンククスを作ることができる。

4. さわやかで、涼やかなチョゲククス

チョゲククスは韓国の夏の代表的な補養食の参鶏湯を冷たくして、食酢と辛子で味付けした後、細かく裂いた肉とスープを入れて食べる料理だ。参鶏湯と似ているが、食酢と辛子、各種の野菜が入ったおかげで、さっぱりした味になり、暑さで衰えた味覚を蘇らせるのに最適だ。

輸出される参鶏湯を活用すれば、簡単にチョゲククスを作って食べることができる。

5. 焼きウナギ

スタミナ食品の代名詞であるウナギ。ここに、韓国人は暑い夏になると、スープや蒸し物、てんぷらなど様々な種類のウナギを楽しむことができる。最も大衆的な料理が焼いたものだ。子どもたちは淡白な塩焼きを、大人たちはコチュジャンを活用した甘辛いコチュジャンヤンニョムクイやカンジャンヤンニョムクイを好む。



6. 牛もすっと起き上がるナクチ

韓国ではナクチの効能を書いた古文書が多いが、『玆山魚譜』では「ナクチを食べれば、元気がでるほか、やせ細った牛にナクチを2~3匹を食べさせれば、力が強くなる。」と記録されている。ナクチを活用したスープのヨンポタンは、しなやかなナクチと澄んだスープがぴったりの料理だ。

Park Sung Eun  parkse@agrinet.co.kr

<저작권자 © AgraFood, 무단 전재 및 재배포 금지>

Park Sung Eun의 다른기사 보기
icon인기기사
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
여백
여백
여백
Back to Top