상단여백
HOME Culture K-Tour
韓国人が好きな夏のグルメ、冷麺ソウルの冷麺の名店を巡る

冷たい食べ物が頭に浮かぶ暑い夏、韓国人に最も愛されている食べ物の1つが、まさに冷麺だ。舌先を絡まるスープとシコシコした麺がマッチした冷麺は、暑さが猛威を奮う夏に真っ先に浮かんでくる食べ物だ。ソウル市内の各所には、長い伝統と味で多くの得意客を有する冷麺店が少なくない。今回のKorea Agrafoodでは、ソウル市内の代表的な冷麺の名店を紹介する。

#乙支麺屋

平壌冷麺の代表走者として挙げられる乙支麺屋。ここの冷麺のスープは、やや塩辛いが、淡白でさっぱりした味を同時に味わうことができる。このスープとそば粉・でん粉をミックスして、伸ばしたシコシコした麺を食べると、乙支麺屋の冷麺の味をしっかりと確認できる。また、粉唐辛子が振りかけられており、わずかに辛味も感じることができる。価格は、1杯1万ウォン。乙支麺屋は地下鉄の乙支路3街駅の5番出口を出て1分ほど歩けば、入口を見つけることができる。

#又来屋

2017ミシュランガイドに紹介された又来屋は、平壌冷麺の名店に挙げられている。韓牛からとったスープと韓牛肉のスープ、そしてそばで作った麺を一緒に食べると、濃厚でありつつも、さっぱりした味を感じることができる。付け合わせてとして、さっぱりとした味を加える梨と白キムチ、大根もともに加える。冷麺1杯の価格は、1万3,000ウォンだ。地下鉄の乙支路4街駅の4番出口を出て、最初の通りから右折していくと、左側に又来屋の建物を確認できる。

#五壮洞フンナムチップ

五壮洞フンナムチップは、咸興冷麺の専門店として有名だ。代表的なメニューは、カオリムチムが提供されるフェ冷麺だ。香ばしい牛骨スープにさつまいものでん粉で作った麺とカオリムチムを一緒に混ぜて食べれば、甘辛いビビンヤンニョムジャンとカオリムチムの食感を同時に感じられる。好みにより砂糖・辛子・ごま油・酢などを入れて食べることもできる。価格は1万ウォンだ。東大門歴史文化公園駅の6番出口を出て、前方へ10分ほど歩けば着く。


#五壮洞咸興冷麺

五壮洞咸興冷麺は、独特の味と風味でマニア層を形成している。シコシコした麺と淡白ですっきりとしたスープ、ピリッとしたフェムチム、甘辛いヤンニョムなどが特徴だ。代表メニューは、フェ冷麺とビビン冷麺に砂糖をスプーン1杯入れれば、味がさらに倍加される。1杯当りの価格は1万ウォンだ。乙支路4街駅の8番出口で出て、中区庁サゴリから左折した後、100m歩けば道の向かい側に位置している。
 

#Additional information/チョゲククスをご存じですか?

冷麺とともにさらに暑さを飛ばすメニューに数えられるのがチョゲククスだ。チョゲククスは、食酢の「酢」と辛子の平安道方言である「ケ」を使って、食酢と辛子で味を出すという意味に由来する料理だ。薄い氷が入ったスープにシコシコした麺を絡め、鶏むね肉をたっぷりのせたチョゲククスは甘辛く、すっきりとした味を同時に感じることができる。鶏むね肉には必須アミノ酸が豊富なことはもちろん、体の中を温めてくれる効能もあり、さっぱりとした麺との相性が抜群なものとして知られている。

チョゲククスで有名な代表店は、京畿道河南市に位置するミサリミルピッチョゲククスだ。ここでは、各種の韓薬材と果物を入れた後、10時間以上煮込んで作った特製ソースを加え、健康食として一層の注目を集めている。サイドメニューのトトリジョンビョンとメミルワンマンドゥもお勧めだ。

ミサリ漕艇カヌー競技場の近隣に位置するミサリミルピッチョゲククス本店の住所は、京畿道河南市ミサリ大路608で、連絡先は+82-31-795-0330だ。ソウルでは三成駅のコエックスモール(B1 J114)を訪れるとチョゲククスを食べることができる。

Park Sung Eun  parkse@agrinet.co.kr

<저작권자 © AgraFood, 무단 전재 및 재배포 금지>

Park Sung Eun의 다른기사 보기
icon인기기사
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
여백
여백
여백
Back to Top