상단여백
HOME People YAFF Speaks K-Food
Global YaFF Speaks K-Food / 津田塾大学3年 坂本知果

日本はこの間、韓国の農食品の最大輸出市場として、キムチと高麗人参、パプリカ、海苔、牡蠣、インスタントラーメンをはじめとした様々な品目の食品が、現地の量販店と百貨店、コンビニエンスストアなどで販売されている。ここ数年間は持続的な円安や日韓の政治動向により、韓国産食品の日本への輸出が多少後退したことは事実だが、それでも依然として、日本は韓国産食品全体の輸出シェアの35%以上を占めているコアとなる市場だ。今号では東京の津田塾大学で日韓関係を勉強している坂本知果さんから日本での韓国の農食品の状況を伝えてもらうことにする。

1. 韓国の農食品を広報するYaffを志願した動機は何ですか?
韓国と日本は様々な方面で切っても切れない間柄ですよね。それでなのか、日本では韓国の農食品と韓国料理を簡単に食べることができ、家で韓国料理を作って食べる人たちも多いです。実際にインターネットで韓国料理を検索すると、色々なレシピが出てきて、ブログやSNSで韓国料理を食べる写真や直接作った料理をアップする人も多いです。私もそうした人のなかの1人なんですが、私のSNSにより多くの特別な韓国料理を載せるために、Yaffに志願することにしました。

2. 日本は韓国の農食品の最大の輸出市場です。韓国の農食品を現地で簡単に購入できますか?日本での韓食と韓国の農食品の状況を教えて下さい。
もちろんです。日本では百貨店とスーパー、商店街、コンビニエンスストアなどで海苔とインスタントラーメン、キムチ、各種のレトルト食品(特に、ジョン)、高麗人参、スナック、飲料、パプリカなど、手では数えきれないほど様々な韓国の農食品が、いつでもどこでも簡単に購入できます。私の大学の売店にも韓国の農食品があります。中学校や高校の売店にもありましたよ。学校給食にもビビンバや参鶏湯、各種のジョンとキムチ、スナックなどがよく出ていましたよ。

日本人に最も馴染みがあり、よく購入する海外の食品やよく食べる料理といえば、まさに韓国になります。日本の食品市場へ最もよく浸透した海外の食品は韓国の農食品ではないでしょうか?

このように、日本で韓国の農食品が普及している理由は、基本的に日本人が「韓国の農食品はヘルシーだ。」と考えているからのようです。実際に、日本の料理のように普及しているキムチ、コチュジャン、参鶏湯などは全てヘルシーな食品ですよね。

3. 日本で最近、脚光を浴びている韓国の農食品は何でしょうか?
マクワウリです。きれいな黄色とさっくりとした食感、高い糖度で日本では異色の果物として脚光を浴びています。人気が何しろ高く、簡単に購入することができませんね。私も本当に買いたいんですが、買えずにいます。

韓食のなかでは、チーズダッカルビが人気がありますね。実際に、以前韓国を訪れ、チーズダッカルビの専門店に行ったことがあるんですが、韓国人より日本人が多くて驚いたんですよ。この人気が最近では現地のSNSを通して広がるにつれて、日本も人気が出てきています。

Park Sung Eun  parkse@agrinet.co.kr

<저작권자 © AgraFood, 무단 전재 및 재배포 금지>

Park Sung Eun의 다른기사 보기
icon인기기사
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
여백
여백
여백
Back to Top