상단여백
HOME Culture Culture
韓国のキムジャン文化(Kimjang; Making and Sharing Kimchi)

sp1-1.jpg


韓国人の「ナヌム(分かち合い)と共同体精神」のシンボル…12月のユネスコ人類無形遺産への登載が確実視


キムチは韓国人の代表的な食だ。また、世界が認めた発酵食品でもある。キムチの独特な味は、世界のどこでも味わえるというわけではなく、これはまさに韓国人の食文化を代弁するものでもある。韓国には、冬の始まりになると家族や隣人が集まり、キムチを漬ける風習がある。これを「キムジャン」という。キムジャンは単純にキムチを食べるためではない、家族と隣人間で「ナヌムの情」を確認するという大きな行事だ。そのため、キムジャンは韓国人のあるべき姿と連帯感を提供する重要な遺産だ。
最近、ユネスコは韓国のキムジャン文化を人類無形文化遺産への登載を勧めた。韓国のキムジャンは韓国人に隣人との間のナヌムの精神を実践し、彼らの間に連帯感とあるべき姿、所属感を増大させる重要な文化という点が、登載を勧めた背景だ。12月2日から7日まで、アゼルバイジャンの首都のバクーで開催される第8次ユネスコ人類無形文化遺産委員会で、24ヶ国の投票を通して最終決定される予定だ。変わることのない韓国のキムジャン文化の登載は、確実であるとする見方が強い。

sp1-2.jpg


キムチが作りだした文化、キムジャン


キムジャンは冬の間に食べるために、一度にキムチを大量に漬けるという行事だ。そこで、家族はもちろん、隣人が全て集まって一緒に漬けることが多い。韓国は農耕文化圏で、昔から共同体の生活を重視してきた。特に、人と人との間の情を重視した。韓国のキムジャン文化にもこのような面をみることができるが、冬の始まりのキムジャンの行事は隣人との間で、労働力とキムチを漬ける技術を交換する互助が代表的な例だ。
隣人との間の労働力とキムチを漬ける技術の交換…韓国的な互助の代表的な例
キムジャンの時期になると、お互いにキムジャンの実施に際して手伝う人(労働力の交換)、各自が持っているキムジャンの情報をお互いに交換するとともに、自然に新たなキムジャンの技術を会得するようになる(キムジャン技術の交換)。さらに、互いの日常を伝え合い、状況を確認することで、隣人との間の情を分かち合う。このように、キムジャンは韓国人の温かな情緒を代弁し、典型的な韓国的な互助文化が盛り込まれた重要な文化遺産と評価されている。

sp1-3.jpg


キムジャン文化のなかの共同体精神が徐々に重要視される


都市化と核家族化で家族と親戚が故郷を離れ、隣人との交流も徐々に減っている状況のなかで、キムジャンは故郷を離れて都市へ来た人々が新たな隣人と篤い情を分け合うことができるという良い機会だ。特に、キムジャン文化のなかの「ナヌムと共同体精神」は様々な場所で、その力を発揮しているが、毎年、冬が始まると、国際結婚の家庭や外国人を招待し、キムジャンのイベントと支援が必要な人々のためのキムチ提供行事なども開催されることとも関係がある。

sp1-4.jpg


甕置場からキムチ冷蔵庫へ…キムジャン文化が作りだした科学技術


昔は、キムジャンをすることになれば、キムチを甕に入れて地面に埋めた。冬季の地中の温度は0度~マイナス1度の間に維持されているが、これはキムチの熟成および貯蔵のための最適な温度だ。最近では、多くの家が地中の甕置場の代わりに、「キムチ冷蔵庫」でキムチを保管している。キムチ冷蔵庫は、先祖代々伝わってきたキムジャンキムチの保管方法を現代的な技術により実現した製品だ。現在は、多くの家庭でキムチ冷蔵庫を備えているほど、韓国では必需品となった。


# キムジャンのときには主に何のキムチを漬けるのか。


キムジャンの時期は地域ごとにことなるが、おおよそ冬が始まる立冬(11月7~8日)から初雪が降る小雪(11月22~23日)にかけて実施される。キムジャンをする方法も地域ごとに異なる。寒い北部地方はヤンニョムを少し入れる代わりに、汁をたくさん入れる。そのため、北部地方のキムチの味は薄味でさっぱりしている。南部地方は、気候が温暖であることから、キムチがすぐに熟成する。つまり、すぐに発酵する。そのため、発酵をゆっくりと進めるために、ヤンニョムと塩辛をたくさん使用する。
キムチは種類だけでも、100種類以上を超える。けれども、韓国人が主に食べるキムチは、おおよそ10種類ほどだ。キムジャンを行うときに主に漬けるキムチは、白菜キムチだ。白菜キムチは韓国人の食事に欠かすことのできない、重要なおかずだ。白菜と粉唐辛子、ニンニク、塩、塩辛など様々な材料が入っており、ヤンニョムにより味は千差万別だ。カクテギもキムジャンの時期に大量に漬けられる。血をきれいにし、消化吸収を助ける大根が主原料だ。カクテギのサクサク感と辛味は、白菜キムチとは異なる魅力だ。サクサクしつつもさわやかな味のチョンガクキムチもキムジャンの時期にはずせないキムチだ。チョンガク大根が主原料で、カタクチイワシの塩辛と粉唐辛子が豊富に入っており、他のキムチに比べて味が辛く、深い。

sp1-6.jpg


# Info: キムジャンキムチと最高の組合せ、ポッサム


キムジャンを行えば、特別に準備する料理がある。これはまさに、蒸した豚肉だ。漬けたてのキムチを盛って食べれば、香ばしくて淡泊な肉と辛いキムチが最高の組合せになる。ここに、マッコリまで加われば、言うことなしだ! 1年にたった1回だけの味わうことができるため、その味はとても貴重なものであるというほかない。

Park Sung Eun  parkse@agrinet.co.kr

<저작권자 © AgraFood, 무단 전재 및 재배포 금지>

Park Sung Eun의 다른기사 보기
icon인기기사
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
여백
여백
여백
Back to Top