상단여백
HOME People People
國境を越えたマッコリへの愛情

 sp-1.jpg

 

マッコリにはまって韓國から離れられないLenaghan夫妻
 彼らが語る本当のマッコリの樂しみ方

 

韓國酒「マッコリ」の魅力にすっかりはまる人々が增えている。アジアで大人氣のスーパージュニアのキュヒョンは、最近、メンバーたちとマッコリを飮んでいる寫眞を「雨の日はマッコリとパジョン」というタイトルともにアップして、多くの人々から共感を得ている。そおれだけではなく、アジアのプリンス、チャン・グンソクがマッコリを押したことで、日本の女性の間では、マッコリブームが起きたりもした。これらは單に韓國のスターの話だけではない。オースティン・パワーズ、ブギーナイツなどで有名なハリウッドスターのヘザー・グレアムも、マッコリは實に魅力的な酒と惜しみなく賞贊し、タン・ウェイはマッコリを飮み、スタッフと映畵について議論する姿がファンに目擊されたこともあった。日本を代表するスターの山下智久もマッコリ好きなことで有名だ。

このようなマッコリ礼讚のなかでも際立った人々がいる。まさに、マッコリにはまって7年目、韓國在住で互いに1983年生まれという米國人のLenaghan夫妻だ。一般の韓國人よりもマッコリに對して博識で、インタビューを行った韓國人記者が恥ずかしくなるほどだ。故鄕まで忘れさせようとしているマッコリの魅力について聞いてみた。

sp-2.jpg


-どうして、マッコリがお好きなんですか?

Daniel Lenaghan(以下、D): 他のお酒と違って、マッコリは飮むたびごとに感覺が違います。あるときは、ビールを飮む氣分だったり、またあるときはワインを飮むときの感覺だったりします。私は、特に原酒(蒸留した後に發酵させるために、一定期間、樽に入れて貯藏したマッコリの原液)を飮むのが好きです。原酒は私に安定感を与えます。私の職業はミュージシャンなんですが、このような理由で私は音樂活動を行う前は原酒を飮みます。他のお酒ではなかなか安定感を与えてくれませんから。
Rebbecca Baldwin (R): 私は自分で作って飮むマッコリが一番おいしいと思います。近頃では、飮食知味方に出てくるレシピに沿って、マッコリを作っています。 飮食知味方は、東アジアで女性が初めて書いた料理本です。マッコリや伝統酒に對する歷史について勉强でき、直接作って飮めばより味わいのあるマッコリを飮めますからね。また、マッコリの釀造所へ直接行ったりもします。韓國には本当に色々なマッコリがあるんですね。そのすべてを直接見たり飮んだりしたくて、時間ができれば直接釀造所を訪問したりします。今までに訪れた釀造所はだいたい10ヵ所ぐらいになると思います。


-レベッカさんご自身がワイナリーとうかがいました。ワインだけでなく、世界にある色々な酒を飮んだことがあるようですが、それらの酒と比較したときのマッコリの强みは何でしょうか?


R: マッコリは實に樣々な味があります。輕い味わいのマッコリ、ずっしりとした味わいのマッコリ、ドライな味わいのマッコリ、甘さのあるマッコリ、度數が高いマッコリ、度數が低いマッコリなどなどです。そして、外國人にも本当になじみのある味です。マッコリは代表的な發酵食品の1つではないですか、西洋のチーズ、パン、ヨーグルトなどの發酵食品と非常によく似た味がする東洋の發酵食品のような氣がします。實際に、韓國へ來たとき、ホームシックにかかったことがあったんです。でも、マッコリのおかげで何とかできました。

- マッコリにはずせないのが、まさにおつまみでしょう。どんなおつまみあマッコリに一番合いますか?


R: ジョンと豆腐キムチと飮むときが一番おいしかったです。
D: マッコリはどんな料理ともよく合うようです。ビールみたいにですね。でも、ひょっとすると韓國のおつまみがちょっと苦手な外國人なら、アップルパイやダークチョコレートと一緖に飮んでみてください。本当においしいですよ。
R: マッコリといろんなものを試してみたんですが、アップルパイとダークチョコレートが本当に最高でした。


-外國に7年も住むというのは、簡單なことではないと思うんですが、マッコリのどのような点がお二人をとらえたんでしょうか?


D: マッコリのすぐれた点が世界に知られるようになるとともに、韓國の色々なマッコリが輸出されています。ですが、私たちはそれを飮むということで滿足していません。韓國には樣々なマッコリ製造法があります。韓國人でさえ年月が経って忘れてしまったマッコリのレシピが多くあります。そうしたものを全部作ってみたいんです。本当においしいんです。市販のマッコリとは違って、作って飮むマッコリにはすこし特別な味があります。

-お二人のように、マッコリに對して色々知りたい外國人のためのアドバイスをいただいて、このインタビューのまとめにしたいと思いますが。


R: マッコリについて色々と知りたければ、マッコリ學校であるススポリアカデミーへ一度行っていてください。マッコリが好きな多くの外國人の友達とも會えますし、私たちが担当する授業も聞くことができます。また、マッコリバーのムルティンダへ行けば、樣々な韓國の生マッコリを飮むことができますよ。時間があるときは、ぜひ一度行ってみて下さい。本当に樂しい時間が過ごせますよ。

sp-3.jpg

Daniel LenaghanとRebbecca Baldwinがマッコリを作るところ「ススポリアカデミー」


Daniel LenaghanとRebbecca Baldwinがマッコリ製造のために行ってみるように勸めたススポリアカデミーは、まさに伝統酒の敎育機關だ。他の伝統酒の敎育機關と違う点があるとすれば、農村振興廳、農業技術實用化財団、韓國食品硏究所、ウリスル學校、韓國バーテンダー協會など樣々な機關に所屬する專門家が、現代的ありながらも伝統的な方法で伝統酒やマッコリの授業を行っているという点だ。外國人のためのマッコリ講座も開催されている。講師は、まさにDaniel LenaghanとRebbecca Baldwin。彼らも實際のところは、もともとこのススポリアカデミーの生徒だった。

sp-4.jpg

ミニインタビュー


こんにちは。ススポリアカデミーのコーディネーターのキム・スヒョンです。お酒がとても好きで、製造方法を學び、今ではススポリアカデミーで仕事をしています。マッコリが私の人生を変えるとは本当に思ってもいませんでした。私たちのススポリアカデミーでは、マッコリをはじめとした韓國の伝統酒の製造方法を學ぶだけでなく、個人の好みにぴったりあったマッコリを作ることもできます。最近では、英語版の伝統酒の本の作成に大忙しです。もうまもなく韓國の伝統酒について、外國人が簡單に理解できる本を發行する予定ですので、期待してください。 また、韓國のどこにもない、ススポリアカデミーのみにある唯一の伝統酒釀造クラスを企畵していますので、こちらもお忘れなく。

sp-5.jpg

Daniel LenaghanとRebbecca Baldwinがマッコリを飮むところ「ムルティンダ」


Daniel LenaghanとRebbecca Baldwinのお氣に入りの場所はまさに、マッコリバーの「ムルティンダ」だ。ここでは大企業で生産されるマッコリよりも、小規模の釀造所で販賣されるマッコリが販賣されている。これに、1つ1つの異なる手法での個性を持った樣々なマッコリを試飮することできる。マッコリはそれ自体だけでもおいしいが、おつまみと一緖に飮むとその眞価がさらに明らかになる。これに「ムルティンダ」では、寺刹飮食硏究院の院長が直接コーディネートしたおつまみが販賣されている。調味料が一切使われず、刺激が少なくまろやかなマッコリとそれこそ幻想的なハーモニーを見せてくれる。

sp-6.jpg


ミニインタビュー

こんにちは。ムルティンダのクリエイティブディレクターのシン・ヨヌです。ムルティンダでは本当に色々なマッコリの味を樂しむことができますが、外國からのお越しの方にはチピョンジンマッコリがおすすめです。チピョンジンマッコリは小麥粉で作られた傑作で、これまで飮んだマッコリとは違う味を感じることができます。マッコリの他に、伝統酒もムルティンダにはありますが、そのなかでも礼山りんごワインをおすすめします。礼山りんごワインはアイスワインスタイルで作った韓國の果實酒です。蒸留酒もありますが、コニャックやウイスキーのように感じられる韓國のお酒です。マッコリの人氣が高まるにつれて、多くの外國人がムルティンダに來店していただいていますが、こうした外國のお客樣のためのメニューを作るために、Daniel LenaghanとRebbecca Baldwinの助言を受けながら、おつまみのレシピを開發中です。

Park Sung Eun  parkse@agrinet.co.kr

<저작권자 © AgraFood, 무단 전재 및 재배포 금지>

Park Sung Eun의 다른기사 보기
icon인기기사
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
여백
여백
여백
Back to Top