상단여백
HOME Delicious Food Best K-Food Company
キム・ヨナが飲んでいる、まさにそのコーヒー

 

 

世界初、一回分の「コーヒーミックス」を開発「マキシム」ブランドで市場をリード

アイスティー「ティオ」も提供、世界の茶市場にも進出

 

 

 

 

 

best-2-6.jpg

韓国では当たり前のことになっているが、飲み物のなかでコーヒーは最も人気がある。アメリカーノ、カフェラテ、カフェモカ、エスプレッソなど色々あるが、そのなかでも一番人気はコーヒーミックスだ。197612月、韓国の東西食品が世界で最初に開発したコーヒーミックスは、コーヒーとクリーム、砂糖をほどよい割合で配合し、それを一回の分量にパックした製品だ。水を入れれば、いつでもどこでも飲むことができ、家庭や職場はもちろん、登山やキャンプのようなアウトドアのときでも、必ず準備するほど韓国人の必需品になった。最近では、外国人も深くて香しいコーヒーミックスの魅力にはまっている。そのため、コーヒーミックスは海外の観光客が韓国の小売店で買っていく定番の品になっている。

 

 

 

 

 

 

ヨナのコーヒーは牛乳を入れても美味しい!

best-2-1.jpg

韓国のコーヒーミックス市場をリードしている東西食品の「マキシム」は、スティックタイプものが秒当たり299本売れ(2011年)、1日平均の販売個数は2,584万本に達する。

そのうち、世界的なフィギュアスケーターのキム・ヨナがCMに登場し、ヨナコーヒーとしても有名な「マキシムホワイトゴールド」は、牛乳が入っており、まろやかな味わいが特徴だ。牛乳が入ったコーヒーの場合、コーヒー固有の味と香りを出すのは容易ではない。しかし、マキシムホワイトゴールドは、牛乳に最も合うコロンビア産のコーヒー豆とプロファイルロースティング、SPRSpecializes profile roasting)製法、40年以上のノウハウを活かし、まろやかな味を生かしながらもコーヒーの味と香りを失わせないようにした。ここへ、砂糖の吸収を抑えるキシロースシュガーを使用し、消費者の健康も考慮した。

 

 

best-2-2.jpg

 

 

 

 

 

 

世界最小のカフェ「カヌ」

 

 

 

カヌは、caféまたはcoffeenewが合わさったブランドだ。一体、どのような点が新しいのか。東西食品の関係者は、「インスタントコーヒーとドリップコーヒーの長所が合わさった、新たなコンセプトのインスタントドリップコーヒーだ」とその理由を明らかにした。カヌはエスプレッソを抽出する方法で、短時間に低温で作ったコーヒーパウダーに細かく粉砕したコーヒー豆を加えた製品だ。そのため、カヌを全部飲み終えると、コーヒー専門店で飲んだコーヒーのようにカップの底に残ったコーヒー豆を確認できる。

 

 

 

 

 

 

シルクロード?今ではプリマロード!

 

 

 

植物性のクリーム「プリマ」は、コーヒーの苦み、酸味、そして渋味をバランスよく、やわらかくなるように調和させ、弱酸性のコーヒーを中和する。特に、純植物性のヤシを使用しており、味がさっぱりとして淡泊だ。何よりも注目すべきは、東西食品が独自に開発した固有の製品であるということだ。そして、その品質が世界的に認められ、現在では米国、日本、オーストラリア、ニュージーランド、東南アジア、中南米、中国、ロシアなど、世界24ヶ国に輸出されている。2011年のプリマの海外輸出額は4,900万ドルで、これは製品単価を考えると、決して小さくはない規模であるといえる。

香港、マレーシア、シンガポールなど、東南アジア地域を中心に輸出を開始し、最近では日本でも人気だ。味の素ゼネラルフーヅ社からラブコールを受け、今後8年間、36,500トンのプリマを輸出する予定だ。ロシアを含むCIS地域と中央アジアもプリマの主要輸出国だ。

東西食品の関係者は、「東西食品の『プリマ』は米国のFDAの認証はもちろん、韓国の植物性クリームのなかでは唯一、食品医薬品安全庁のHACCP指定を受けたすぐれた製品だ」と述べた。

 

 

 

 

 

 

暑い夏にK-PopスターJYJのユチョンが飲んだものとは?まさにそれが冷たい一杯のティオ!

best-2-4.jpg

東西食品のティオが「北米茶競演大会」で1位を占め、世界の人々の舌をとらえた。

「ティオ」は、砂糖の量を3分の1減らし、オリゴ糖とキシリトールを入れた東西食品のアイスティーのブランドだ。「ティオ」はもも味のほかに、ブルーベリー味とレモン味の3種類で、気分に応じていろいろな味を選ぶことができ、缶とペットボトルで販売されており、アウトドアでも簡単に飲める製品だ。

best-2-5.jpg

このような長所のおかげで、ティオが20125月の「World Tea Media」が主催する「北米茶競演大会」で世界の有名ブランドを押しのけ、インスタント紅茶部門の1位に選ばれた。この受賞により、「2012ラスベガス茶博覧会(613日)」に招待され、製品の展示や試飲のイベントを行った。「北米茶競演大会」は、2008年から毎年開催されている茶の競演大会で、北米地域で販売されている全世界の茶を対象に、茶分野の専門家が茶の色や香り、味、口の中での感触や味のバランスなどを厳しく審査し、受賞製品を選ぶ大会だ。

 

* Inquiries: 東西食品 DONGSUH FOOD.

  Tel: +82-1588-2233

  Website: www.dongsuh.co.kr

 

 

 

Park Sung Eun  parkse@agrinet.co.kr

<저작권자 © AgraFood, 무단 전재 및 재배포 금지>

Park Sung Eun의 다른기사 보기
icon인기기사
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
여백
여백
여백
Back to Top