상단여백
HOME Fresh Food Agriproduct
花卉先進國で人氣を博す利川(イチョン)の「百合」

メデュ-サ, オ-ガストなど日本で人氣の品種を主力に生産
來る3月からの輸出を控え, 栽培管理も大詰め

 

 

 

 

fresh-2-1.jpg

 

 

寒い冬でも確實につぼみを付けた百合が日本などの花卉先進國に輸出されている. ギリシャ겓粒?砂流ⅹ氏ㄻ칭魁퉁ⅹ客鯖非? フランス王室が百合を紋章に使用したという点でヨ-ロッパ香りが漂っているが, 實際のところ, 百合の原産地は韓國と中國, 日本などの東アジア地域だ. 東アジア地域の百合をオランダなどヨ-ロッパの花卉先進國が園芸用の品種として改良し, 全世界に普及してきた. 韓國も百合の栽培に必要な種球をオランダから輸入している.

京畿道利川, 冬の百合栽培がピ-クに

 

 

fresh-2-2.jpg

 

 

 


百合の花言葉は「純潔」だ. 純潔の意味を好む日本は, 年中百合の需要が繼續的にあり, 韓國の百合輸出の最大市場として擧げられる. 京畿道の利川市に位置する未來農場の舶永圭(パク겓獄嵯?鶯⒢僻害璹秕元袗練㎦? 全量を日本に輸出している. 韓國の國內生産量のうち74%ほどを占める江原道と濟州道, 忠南地域が主な輸出地域だが, 利川にも舶代表を含む5農家が「利川百合輸出硏究會」を構成し, 百合の輸出に乘り出している. 661㎡(約200坪)の施設ハウス5棟で百合を生産する舶代表は, 3月と6∼8月, 10∼12月に輸出が最も多い. そのうち, 冬が最も多い. 百合の主産地である江原道より氣候が暖かく, 冬の百合を生産するには, 自然環境などの條件が有利なためだ. 來る3月の輸出に向け, 百合の栽培に忙しい舶代表が直近の12月の1ヶ月間で生産した百合のみでも8万本ほどだ.

輸出用の百合…生産量60%のみ選別出荷

 

 

 

 

 

fresh-2-4.jpg

 

 

舶永圭代表が生産する百合は, 日本人が好むオ-ガストとメデュ-サ, イエロ-ウィン. このうち, 冬に生産するメデュ-サの割合が60∼70%と最も多い. 日本市場の條件やその他の市場狀況により, 輸出が止まった場合に韓國國內市場へ持ってきても好まれる品種を選擇した.
1998年から日本への輸出が始まった未來農場の百合は, 現在まで一度も日本市場で問題になったことがないほど品質もよい. これに對して, 舶代表は「輸出した百合に問題がなかったことは, 生産した花のうち商品性がよい60%のみを細心の注意を拂って選別し, 日本に輸出するため」と說明した. しかし, これが全てではない. 栽培段階からの彼の長年にわたるノウハウがある. 日本では莖に花が何個ついているかにより, 價格差が大きい.
一般に1つの莖に花が均一間隔で4∼5個はついていなければ優れた品質と認められない. また, 莖が長くて厚いと商品性が高い. 舶代表はこの條件に最も合う百合を生産するのに焦点を合わせている.

高品質の百合生産のため, 溫度維持·養分供給を徹底

 

 

 

fresh-2-5.jpg

 

 

 


まず, 均一間隔で花を付けるように, 溫度管理を徹底している. 最適の溫度は15℃. この溫度を一定に維持するため, ハウス內部の換氣作業に細心の注意を拂う. 花の莖をしっかりとするためには, 彼だけの秘訣がある.
豚の血粉を液肥狀態で供給することだ. このようにすれば, 莖が長くて丈夫な百合を生産する可能性が高まるというのが舶代表の說明だ. これだけではなく, 莖についた葉の色をよくするために, エゴマを絞った後に殘るかすを液肥化して振り, 水分管理を徹底して花形を大きくするための努力も怠ってはいない.
舶代表は「現在, 近隣の花卉農家に百合の優秀性と市場性を知らせるために, 努力している」と述べ, 「近いうちに, 利川地域の輸出用百合の生産量も增加するだろう」と述べた.

Park Sung Eun  parkse@agrinet.co.kr

<저작권자 © AgraFood, 무단 전재 및 재배포 금지>

Park Sung Eun의 다른기사 보기
icon인기기사
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
여백
여백
여백
Back to Top