상단여백
HOME Delicious Food Processed Food
日本人の舌を引きつけている「服部參鷄湯」

韓國産の鷄と韓方材料の使用…傳統の味をそのままに
11月まで35トンを輸出, 冷凍參鷄湯も年內輸出の計畵

 

 

del-1-1.jpg

 

 

高麗人參, ナツメなどのすぐれた韓藥材が入った韓國人の補養食として愛されている參鷄湯.參鷄湯は日本, 台灣, 香港などの現地の消費者の認知度が高まるとともに, 次第に需要が擴大している. 特に, 日本は夏に需要が集中する韓國とは異なり, 冬にも參鷄湯の消費が活性化しており, 參鷄湯製品の輸出擴大が期待される地域でもある.

del-1-2.jpg

日本市場攻略の先鋒, 「服部參鷄湯」

 

 

 


1997年から鷄肉加工事業へ本格的に參加した「農協牧友村(モグチョン)」でも昨年, 日本市場をタ-ゲットとした「服部參鷄湯」を販賣開始し, 本格的な輸出擴大に乘り出した. 牧友村 の參鷄湯は, 牧友村系列の農家から固有の飼育プログラムによって, 專用飼料を與えて育てた韓國産の鷄のみを使用したのが特徵だ. ここに高麗人參, ナツメ, もち米など各種の韓國産の韓方材料を入れ, 韓國の傳統方式で製造したレトルト參鷄湯はお湯にパッケ-ジをそのまま入れて調理するもので, 常溫で保存可能という利便性まで加わった.
特に, 「服部參鷄湯」は人工調味料の原料であるグルタミン酸ナトリウムを使わない製品として, 松の實と銀杏, 栗などを追加して品質を向上させ, 日本市場で注目されている. また, 日本 の消費者の關心を高めるため, 料理評論家として知名度が高い服部幸應氏の肖像をパッケ-ジのデザインに活用し, 日本の消費者の味覺と感性をとらえている.
日本のホ-ムショッピングおよび量販店に入店して, 活發に販賣中の服部參鷄湯は, このような品質向上の努力と感覺的なマ-ケティングにより, テレビ番組の「行列のできる芸能人通信販賣王決定戰」で4位を記錄し, インタ-ネットの料理サイトの「もぐナビ」で最も食べたい韓國料理で1位に選ばれるなど, 日本で大きな人氣を獲得している.

del-1-3.jpg

熱處理加工工場竣工, 家畜疾病にも「安心」

 

 

 


牧友村が服部參鷄湯を通して, 日本市場へ積極的に進出するようになった背景には, 今年4月から本格的な稼克に突入した熱處理加工工場がある. 熱處理加工工場は忠淸北道の陰城郡の約5,759㎡の敷地に設立した輸出主導プロジェクト型工場で年間約5,000トン規模の加工冷凍食品, ソ-セ-ジおよびレトルト製品などの生産が可能だ. また, 韓國內で家畜疾病が發生しても海外に輸出できる施設を備え, 交差汚染を防止するために內部工程が斷絶されるように設計された.
これを通して, 牧友村は去る10月15日, 日本に服部參鷄湯10トンを船積みし, 11月には25トンを追加輸出するなど, 本格的な市場攻略に乘り出した. 牧友村は, 今後, 日本人の嗜好に合うように旣存の1kgの製品よりも重さを200g減らした參鷄湯も販賣開始した. これは日本に輸出する予定であり, 鷄の原型がしっかりと維持されるように開發された冷凍參鷄湯も年內に輸出する計畵だ.
一方, 牧友村は日本の他にも輸出プロジェクト型工場を通じて生産された「五穀ヌルンジ參鷄湯(600g)」と「安心參鷄湯(1kg)」も去る9月にベトナムへ初めて輸出し, 好評を得ている.

Park Sung Eun  parkse@agrinet.co.kr

<저작권자 © AgraFood, 무단 전재 및 재배포 금지>

Park Sung Eun의 다른기사 보기
icon인기기사
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
여백
여백
여백
Back to Top