상단여백
HOME Delicious Food Processed Food
「グロ-バルなホットソ-ス」で跳躍の準備! チョンアティ粉唐辛子

韓國料理の辛味の責任者というべき代表的なヤンニョム
辛味と甘みの幻想的な調和…さらに增す料理の風味

del-1-1.jpg 

唐辛子は韓国料理で辛味を出し、赤い色を出すときに主に使用される香味野菜だ。

最近、唐辛子の辛味成分であるカプサイシンが料理の風味を向上させ、食欲を促進させるだけでなく、多様な効能を持っているという事実が科学的に証明された。これに伴い、唐辛子に対する関心がさらに高まっている。痛みの症状の誘発物質を抑制し鎮痛作用をするとともに、エンドルフィンを増加させる。ストレス解消に役立ち、新陳代謝を活性化してダイエットにも効果があるということだ。

ハリウッドの有名女優であるアンジェリーナ・ジョリー、グウィネス・パルトローがコチュジャンをたっぷり入れたビビンバで食事療法を行ったほか、タレントのオプラ・ウィンフリーが毎日少量の粉唐辛子を摂取してダイエットに成功したというのは、すでに有名な話だ。これまで、粉唐辛子を特に食べなかった日本でも粉唐辛子の消費が増加している傾向がある。

特に、韓国の唐辛子は海外の他の唐辛子の品種より糖度が高いが、この甘みが唐辛子固有の特性である辛味と絶妙に調和し、料理に入れたときに独特の旨みを出す。

 

「正式・清潔・信頼」をもとに急成長

del-1-2.jpg

韓国で最も唐辛子が多く生産される地域は慶尚北道だ。年間で全国の生産量(95,392トン)の30%ほどがここで生産される。そのなかでも、義城(ウィソン)の唐辛子は生育期である5月から8月まで続く強い日差しと30以上の高温により、栄養価が高く色あいも美しい。

ここ義城郡に位置したチョンアティ農業会社法人(株)は、粉唐辛子専門の生産業者として唐辛子の需給および農家所得の増大に大きな役割を果たす堅実な中小企業だ。「チョンアティ」は「いつもひたむきで真っ直ぐな友達」という意味で、「正式・清潔・信頼」をもとに、品質と衛生に万全を期している。

最も重要なことは、原材料の質だ。義城郡で環境にやさしい方法で唐辛子栽培を行っている1,000余りの農家と契約栽培を通して、安定的に赤唐辛子を供給している。2006年には、食品医薬品安全庁から粉唐辛子部門のHACCP(ハサップ)の指定を受けた。また、2007年には国立農産物品質管理院から農産物トレーサビリティとともにGAP管理施設の指定も獲得した。

徹底した衛生管理システムは、工場の内部への出入から確認できる。エアシャワーから手洗い、アルコール消毒、衛生帽、衛生服などを着用しなければ、出入りできない。金属の異物の検出を最少化するために、全工程の設備はステンレス素材で構成されており、全自動包装システムを導入し、汚染物質の流入を完全に遮断した。

 

韓国内の学校給食用粉唐辛子の25%を供給

del-1-3.jpg

このような自信をもとに、チョンアティ農業会社法人の全ての製造工程は消費者に常に公開されている。全国の学校の栄養士をはじめとして、業界のバイヤー、一般の消費者など見学を望む顧客は誰でも招き入れ、製品の生産過程を直接確認することができる。年間の訪問客は2,000名程度だ。

このような努力により、全国の小中高校の学校給食用で消費される粉唐辛子の25%を供給するなど、全国的な競争力を備えるに至った。大手の量販店と一般の食材売場、キムチ工場なども主要な取引先だ。売上額は2008年が120億、2009年が140億、2010年が150億ウォンに達している。

 

有機粉唐辛子で米国市場に進出

del-1-4.jpg

チョンアティは去る7月に米国の農務部(USDA)の認証を受けた有機粉唐辛子を米国へ初めて輸出し、米国の消費者の攻略にも進出した。先月、年間3,000トンの処理が可能な約4,800 規模の唐辛子総合処理場も完工し、事業拡大に拍車を掛けている。もちろん、唐辛子洗浄機をはじめとして、裁断機、遠赤外線乾燥機などの最先端の加工施設も備えた。

「その間、事業を行いながら製品の品質と関連したクレームを一度も受けたことがない」という裵鍾進(ペ・ジョンジン、Bae Jong-jin)代表は、「食に関する事業の競争力は信頼だ。自分の家族に食べさせるという心であたってこそ、成功することができる。今後、チョンアティのブランドが全世界的なブランドとして成功することができるよう、さらに努力していきたい」と明らかにした。

 

 

CHEONGATTI

tel +82-54-0334

fax +82-54-834-9337

www.sannaefood.com

 

Park Sung Eun  parkse@agrinet.co.kr

<저작권자 © AgraFood, 무단 전재 및 재배포 금지>

Park Sung Eun의 다른기사 보기
icon인기기사
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
여백
여백
여백
Back to Top