상단여백
HOME Fresh Food Agriproduct
韓國産菊, 「菊王國」日本をとらえる

鮮明な色·すぐれたボリュ-ム感·切花の壽命の長さが「好評」

fre-1-1.jpg

東洋で栽培する鑑賞植物のうち, 最も歷史が長い花として知られている菊. 菊は古來より四君子の1つとして, 貴いものと認識されてきた. 韓國の花卉市場でも菊は欠かすことのできない代表品目の1つだ. 特に, 韓國國內で開發された土着の菊の品種は, ロイヤリティ-の輕減とともに, 輸出擴大を牽引する役割を擔っている. 優れた品質を土台として「菊王國」日本をとらえている.
日本は, 菊を日常的に消費する國として, お盆や彼岸はもちろん, 日常的にも菊の需要が多く, 年間20億本の菊が消費されている. これは, 世界の菊消費量の30%の水準だ. 日本が菊の世界市場であるように, 多くの國が日本の菊市場に進出して, 競爭を繰り廣げている.
日本は, 韓國の花卉農家にも最大の菊輸出國として, さる2008年に1,400トン程度であった輸出量が2009年には約1,600トンと增加したが, 2010年には2,100トンを輸出, 前年に比べて大幅な增加率を記錄した.

黃土の土地で海風を受けて生長した泰安菊

fre-1-2.jpg

全國各地で栽培される菊の中でも, 黃土の土地で海風を受けて生長した泰安郡の菊がしっかりとした花と花質で輸出業者の脚光を浴びている. 泰安でも, 泰安輸出菊營農組合法人で菊輸出を引っ張っている方永一(パン겓獄嵯ㄻ猷ð?1)氏が韓國産品種の菊輸出の先頭に立っている.
7年前から菊栽培に身を投じた同氏は, 「イェスヌリ」, 「シ-クレットピンク」, 「マジック」などの小菊の品種と「白馬」のような大菊の品種まで2期作栽培を通して, 年間30万本の菊を生産している. このようななか, 10万本程度が日本に輸出されるが, 禮山菊試驗場で開發·普及したイェスヌリと農村振興廳で開發·普及した白馬は, 日本はもちろん韓國の國內市場でも人氣を集めているところだ. 方永一氏は, 「惠まれた土壤と風を受けて生長した泰安の菊は, 現在, 日本のお盆の時期に合わせて, 輸出量が足りない狀況」であり, 「現在は, 基準の長さ(大菊90cm, 小菊80cm)に達していなくても全量出荷が行われている」と說明した.

脚光を浴びるイェスヌリ겓랜??已챘홍稻嵯칮マジックなどの韓國産品種

fre-1-3.jpg

方氏がふれたように, イェスヌリ, 白馬のような韓國産品種は, 海外品種のロイヤリティ-の問題と保護品種の指定, 東南アジア諸國との價格競爭などを一擧に解消できる韓國の花卉産業の强力な武器だ. 韓國産品種の「白馬」は日本の品種である「白扇」に比べ, 鮮明な色とすぐれた花のボリュ-ム感, そして2週間から4週間まで持つという切り花の壽命の長さにより, 東京の大田市場, FAJ(Flower Auction Japan)などの有名な市場でその品質が認められている. それとともに, ピンク色のスプレ-菊であるイェスヌリも日本市場で大きな關心を集めている.
現在, 泰安輸出菊營農組合法人で生産される菊は, (株)ロ-ズピア, 釜慶園芸農協, (株)佑現などを通して, 日本に輸出される. 大菊は一箱に200本, 小菊は300∼400本程度詰め, 大菊は一本當たり450ウォン, 小菊は350ウォンで取引されることが一般的だ. 菊の摘花は鮮度維持のために, 氣溫が比較的低い朝と晩に行われる. また, 品質のよい菊を生産するため, 微生物の堆肥とともに, 樹皮とおがくずを活用して地力向上に力を入れるなど, 商品性の向上に心血を注いでいる.

fre-1-4.jpg

Park Sung Eun  parkse@agrinet.co.kr

<저작권자 © AgraFood, 무단 전재 및 재배포 금지>

Park Sung Eun의 다른기사 보기
icon인기기사
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
여백
여백
여백
Back to Top