상단여백
HOME Fresh Food Agriproduct
韓國産トマトの海外市場開拓に拍車

栽培技術の硏究者-輸出業者-生産農家の協力體制を構築

tomato-small.jpg

韓國の生産量は2007年48万トンに達したものの, 每年, 減少傾向を示し, 2011には30万トンほどが生産されるものと予測されている.
それでも, 韓國産トマトの海外進出は擴大傾向を示しており, 輸出の展望も明るいとみられている. 輸出市場は大部分が日本だが, 香港, シンガポ-ルなどの東南アジア地域に輸出市場が多角化するという傾向も示している. また, 日本に對する輸出も增加し, 6月末で昨年の上半期より60%ほどが增加したという實績がある. これは, すかいら-くなどの日本國內の外食業者の大量納品が行われたためだ. なかでも, 昨年の韓國産ミニトマトに對する日本の通關關連の全數檢査が解除されたこと, 原發事故などの理由により, 韓國産の輸入が增加したことなどがある.

fresh-3-2.jpg
特に, 韓國ではトマトの國際競爭力を確保し, 主力市場の日本でのシェア擴大, 輸出市場の多角化のため, トマトの總合的な硏究組織であるトマト輸出硏究事業團-EK貿易-トマト生産農家をネットワ-ク化した.
トマト輸出硏究事業團は, トマトの生産技術の專門家, 收穫後の管理の專門家, 輸出マ-ケティングの專門家などが參加する組織で, トマト生産農家を對象に最新の農業技術を敎育している.
EK貿易は, 韓國でトマト輸出をリ-ドする企業として, 韓國政府から輸出先導組織の指定を受けた. また, トマト輸出硏究事業團と協力して輸出用トマト農家と契約生産しており, 契約農家が生産したトマトは共同選別を通じて, 嚴選されたトマトのみを輸出している. EK貿易は今後, 日本輸出量の擴大と東南アジア市場進出を計畵している.
同組織を通して輸出されるトマト生産農家は一般の農家に比べ優遇されている. 輸出トマトの基本條件は, 最新の連動施設ハウスで養液(水耕)によりトマトを生産しなければならない. 品質と安全性が最優先されるというのが條件であるためだ.

fresh-3-3.jpg
池現浩(チ겓郎塋嵯醱쯉K貿易代表は「日本の取引先であるセビアを通して, 外食業者および食材流通業者などにトマトを供給している. 」と述べた. 

Park Sung Eun  parkse@agrinet.co.kr

<저작권자 © AgraFood, 무단 전재 및 재배포 금지>

Park Sung Eun의 다른기사 보기
icon인기기사
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
여백
여백
여백
Back to Top