상단여백
HOME Fresh Food Agriproduct
有機栽培「モ-ニングファ-ム ブル-ベリ-」日本上陸

fresh-2-1.jpg

有機栽培「モ-ニングファ-ム ブル-ベリ-」日本上陸

ビニ-ルハウスでの有機栽培…品質 安全性「最高」
韓國の親環境有機認  日本のJAS認 を獲得

韓國のブル-ベリ-産業が急速な發展をみせている.北米が原産地であるが,韓國の氣候にも合い,每年,栽培面積が急速に伸びているということだ.今から10年ほど前までは,韓國でブル-ベリ-は馴染みのないものであった.しかし,2000年代の初め,一部の先導農家から始まった商業栽培が2007年112ha,2008年217ha,2009年313ha,2010年534haのように擴大した.特に,今年の栽培面積は1082haと推算され,昨年より2倍程度增加するとともに,今後は栽培面積が持續的に增加すると予測されている.同時に,韓國でも新たな果實であるブル-ベリ-に對する消費者の關心が高まり,消費も伸びている.


2011年4月時点での地域別の栽培面積は,全羅北道が最も多い254ha,次いで忠淸南道186ha,全羅南道169ha,慶尙北道157ha,忠淸北道118ha,京畿道90ha,慶尙南道58ha,江原道47ha,濟州道4haと全國的に栽培が行われている.なかでも,相對的に溫和な氣候の中部と南部地方に集中している.

韓國のブル-ベリ-産業を先導する梁在映氏
全羅北道井邑のイ-ジ-インタ-ナショナルの梁在映(ヤン ジェヨン,Yang Jae Young)代表は,2005年からブル-ベリ-栽培を開始した.栽培 歷は短いが,ブル-ベリ-の生産から苗木の販賣,ブル-ベリ-栽培農家の敎育,國內流通はもちろん日本輸出まで,韓國のブル-ベリ-産業を先導している.

fresh-2-2.jpg


彼が韓國のブル-ベリ-産業の中心人物であるのは,農産物流通事業を行うと同時に多樣な 歷の持ち主であるためだ.彼は,ブル-ベリ-栽培前は自身の會社直營農場と契約栽培によりトマトを生産し,日本に大量輸出した.そのなかで,新たな高付加 値品目がないという惱みを常に抱えていたが,彼にはブル-ベリ-がとりわけ目に入ってきたという.今では韓國でもブル-ベリ-は求めやすい品目であるが,梁代表が栽培を始めた 時は,多くの消費者には馴染みのない果實だった.
梁在映代表は,「ブル-ベリ-は機能性果實で, 學界など樣 な分野で關心を集めている品目」とし,「その間,築いてきた農産物流通と生産ノウハウをブル-ベリ-一品目に集中させている.」と述べた.


現在,彼のブル-ベリ-農場は,全てビニ-ルハウス施設になっており,栽培面積は7万6,000㎡に達し,今後も 續して擴大していく計畵だ.

多樣な品種の混合栽培により6ヶ月間で收穫可能
彼は,韓國市場はもちろん世界市場で競爭しなければならないという强い信念を持っている.彼は何より安全性と高品質を强調し,栽培初期から輸出ノウハウを活かし,日本市場にも進出した.ブル-ベリ-農場の全てをビニ-ルハウスとしたことも,まさにこのためだ.


特に,彼は品質差別化のために有機栽培を選擇した.韓國の親環境有機認 を取得したのはもちろん,日本の有機JAS認 も獲得した.


ブランドもまた彼が心血を注いでいるもので,「モ-ニングファ-ム ブル-ベリ-」というブランドで韓國國內へ出荷するとともに,日本にも輸出している.ここに,ハイブッシュとラビットアイ系列の混合栽培を通して,3月下旬から9月初めまで約6ヶ月間ブル-ベリ-を生産する 系を整備した.收穫後の管理も徹底し,收穫後直ちに低溫選別場で丹念に手作業の選別を行い,低溫流通とする.
梁在映代表は「近隣のブル-ベリ-農家との協力を强化するとともに,栽培技術敎育と交流など組織化を推進しており,ブル-ベリ-の生産量を擴大し,さらなる安全と高品質で市場に出していく.」と强調した.

Inquiries EZ INTERNATIONAL
TEL : 82-10-5186-9806  e-mail : ez_yang@yahoo.co.kr

Park Sung Eun  parkse@agrinet.co.kr

<저작권자 © AgraFood, 무단 전재 및 재배포 금지>

Park Sung Eun의 다른기사 보기
icon인기기사
기사 댓글 0
전체보기
첫번째 댓글을 남겨주세요.
여백
여백
여백
Back to Top